ナトリウム-塩化物強塩泉

ナトリウム-塩化物強塩泉

東京に存在する温泉でよくあるのは、ナトリウム-塩化物強塩泉なる泉質です。
この泉質で代表なのは「熱の湯」という温泉で、温泉中に存在する塩分に保湿効果が認められるため身体の中からしっかり温めてくれます。

殺菌効果や鎮静効果などを望むことができ、切り傷や皮膚病をはじめとする肌トラブルの回復効果が認められています。
また、疲労回復であったり健康増進といった部分にも効果を発揮します。
東京で人気を集める「深大寺温泉」「稲城天然温泉」「大江戸温泉」「府中駅前温泉」「八王子温泉やすらぎの湯」など数多くの温泉は、この泉質です。

東京に存在する温泉で次に多く見受けられるのはアルカリ単純泉と言われる泉質になります。
温泉を利用した後、肌がきめ細やかに感じられるのはこの泉質が要因で、肌へはあまり刺激がないため、子どもや敏感肌の人でも気兼ねなく浸かることができます。
美肌になれると評判になる温泉は、この泉質をもつ温泉に間違いありません。

肌が刺激に弱いアトピー性皮膚炎の人にも効果があるので、この泉質は大変評価を得ています。
東京で支持されている温泉の中だと、「奥多摩温泉」「秋川渓谷瀬音の湯」「河辺温泉」といった温泉がこの泉質を持っています。

硫黄泉から望める効果は大変多く、肩こり・神経痛・関節痛・筋肉痛への働きのみならず、高血圧や動脈硬化にもアプローチします。
東京の中で硫黄泉を持つ温泉は、「岩倉温泉」「鶴の湯温泉」「蛇の湯温泉」「松乃湯温泉」などが挙げられます。

何の温泉に浸かっても問題ない人ならまだしも、その人が持つ体質ゆえにいくら入りたい温泉でも向いていない場合も存在します。
先に泉質を見てから、自分の体質に即した温泉を選ぶようにしましょう。